2015年 旬のひとこま・戻る 五十音別山行リスト MENU HOME  つぼやま 



坪山 1103m
山梨県・上野原市 2017.4.15(土) 
ヒカゲツツジ花旅
坪山・西尾根〜びりゅう館ルート解説   
坪山への登山道は数本あるが、ヒカゲツツジを見るなら飯尾集落が登山口の西ルートが一番。
登山口は集落を流れる鶴川に沿って2箇所あり、下流側に児童公園脇の公衆トイレ横から緩く上るコース、上流は
御岳神社横を直登するコースで両コースとも西・東ルート分岐点の手前で合流する。
畠を横切り黄銅鉱採掘のなごりを感じさせる沢を渡って杉林を抜けると桧と雑木林が混在する尾根道歩きとなる。
丸太で組まれた第一ベンチを過ぎたあたりから足元にイワウチワの可憐な花が咲き、目の前には薄緑色の優しい
色をしたヒカゲツツジの群生が第二ベンチの上まで続く。
植生がイワウチワからイワカガミに代わる頃からガレ道の急登となるが、息が切れる辺りに第三ベンチが置かれてい
るのでひと休みするも良し、ひと頑張りするも良しだ。
三角点が置かれた山頂はそんなに広くはないが雲取山や三頭山の眺めが良い。
帰路は坪山南の肩に設置された「びりゅう・奈良倉山指導標」に従い左に折れてびりゅう館への尾根筋を下る。
このルートは地図でわかるように阿寺沢・びりゅう館分岐点まではアップダウン(激下りもあり)の連続となる
うえ、もうひとつの注意点は樹木に遮られ危険を感じないが登山道南斜面は絶壁になっているので足元に気をつけ
て歩きたい。 
びりゅう館分岐点からは支尾根を下って「びりゅう館」建物東隣に出る。 mikio 
(注)2016年現在・上記解説の丸太で作られた第1ベンチ・第2ベンチは消滅しています。 
コメント
去年の雪辱戦でブロ友さんと坪山へ
ネット情報が進んだ現在でも満開にタイミングを合わせての訪問は至難の業!
去年の大はずれ!(汗) と、比較すれば今年は上出来の花旅となり、今週末の坪山再訪を回避することができま
した(笑)     
立ち寄り温泉情報
新湯治場・秋山温泉」 入浴料 750円 源泉掛け流しアルカリ性低張性温泉
AM10:00〜PM21:00 年中無休 TEL 0554−56−2611 
泉質満足度(星印の説明はMENUページ)
アルカリph9.8の高濃度を実感できないので ☆
メンバー こうちさん・えいちゃん・とかちゃん・もろーさん・Tanmaさん・おっくん・亀ちゃん・爺の8名
掲載写真撮影者 管理人・こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・おっくん・もろーさん







飯尾地籍駐車場 橋を渡って公園方面へ
公園のトイレ(最新式水洗) トイレ横が登山口
畠の中に設けられた登山道からみる飯尾地籍 東・西尾根R分岐点/西尾根へ向かう
木橋を渡って対岸をみれば→ 硫黄鉱採掘跡
畠道風から 植林地帯へ
これより尾根登り
花の宝庫でなければこんな急坂歩きはしたくないのが管理人の本音(笑)
これから先 イワウチワ群生♪ これよりヒカゲツツジ♪
ヒカゲツツジ咲いていました〜(^^)v
ヒカゲツツジが咲いているので急坂もなんのその 《写真にマウスを》
これは大人の遊びなので真似をしないように(笑)
イワウチワ
ヒカゲツツジ
ブロ友さんというより山仲間の皆さんとヒカゲツツジ群生地で記念撮影
六分咲きヒカゲツツジ群生地
2008.4.15撮影
上の写真と同じ場所、満開のヒカゲツツジ群生地
山頂を目指す
ガレ場が続く イワウチワ撮影中
イワウチワ撮影中
ルート上で唯一展望がきく場所
岩場あり ザレ道あり
爺的には楽しい登山道が続く(^O^)v
ここをクリアすれば山頂はもう目の前に・・・
坪山 1103m
パノラマ図解あり
左・飛龍山 右・雲取山
2017.4.15現在の坪山ヒカゲツツジ開花情報

びりゅう館へ下山編
坪山南の肩に分岐点あり いきなりの激下り (>o<)
写真ではわかりませんが南側は断崖絶壁ですよ 上って〜!
下って〜!
上って〜! 下って〜!
上って〜! もう下るだけだよ〜(^O^)v
びりゅう館・阿寺沢分岐点 植林地帯を下る
へんてこりんな木が多い場所にでました(地図参照)
み〜んな童心に帰っています♪
人面樹 《写真にマウスを》
コブコブが妙に不気味
びりゅう館が見えてきた
びりゅう館建物の東側が坪山登山口
びりゅう館駐車場
トイレはびりゅう館営業時間のみ使用可
皆さん今日はお付き合いいただきありがとうございました。
次回の当たるも八卦当たらぬも八卦花旅への参加をお待ちしております(笑)
びりゅう館で蕎麦の予定だったが混んでいたので
飯尾地籍方面の「花の里」で蕎麦を食べる
新湯治場・秋山温泉
八ヶ岳PAで晩ご飯
坪山高低図
びりゅう館駐車場標高/540M 標高差/563M 累積標高/690m 総歩行距離/5672M
坪山鳥瞰図
坪山・西尾根〜びりゅう館ルート地図
クリックで印刷用拡大ルートMAP表示》
(計曲線 50M 主曲線 10M)
びりゅう館駐車場標高/540M 標高差/563M 累積標高/690m 総歩行距離/5672M
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された
承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用ソフト・GARMIN MapSource》


パノラマ図解・スマホ&iPhone で山座同定


ページの先頭へ戻る



行程&所要時間 行程&所要時間 (花&風景撮影合計時間20分〜50分含む)
現地までの行程&所要時間

2017.4.14(金)
長野発 19:00〜釈迦堂SA 22:10(車中泊)
2017.4.15(土)
釈迦堂SA起床 5:00(朝食)〜JR上野原駅で亀ちゃんPU 6:50〜びりゅう館着 7:30(車デポ)
ナビ設定/240` 3時間30分

登山口から山頂までの上り所要時間

びりゅう館・車デポ 8:00 〜 飯尾地籍駐車場へ向かう 〜 飯尾地籍駐車場発 8:11 
〜 公園内トイレ 8:18−26 〜 東・西尾根R分岐点 8:35 〜 木橋 8:38 〜 これより尾根登り 8:52
〜 これから先イワウチワ群生 9:03−10 〜 西尾根中間点・ヒカゲツツジ群生 9:26−39
〜 トラロープ 9:43 〜 山頂直下ガレ場 10:24 〜 坪山(1103m)10:31−11:08

山頂から登山口までの下り所要時間

山頂発 11:08 〜 びりゅう館・奈良倉山分岐点 11:08 〜 びりゅう館・阿寺沢分岐点 12:09 
〜 びりゅう館駐車場 12:41

所要時間 ★合計休憩時間=約65分 ★実動時間=約3時間26分 ★合計所要時間=約4時間31分

クリックすると「飯尾地籍路肩駐車場」
近辺の広域地図を見ることが出来ます。マップコード 348-436-376 

クリックすると「びりゅう館駐車場
近辺の広域地図を見ることが出来ます。マップコード 348-437-110 
国土地理院地形図  1:25.000 猪丸(南西)

リンクの輪
番号 山行名 山行日 登山ルート お名前 ホームページ
坪 山・大寺山 05.04.23 西〜大寺山ルート abeちゃん 山・滝・お花が好き
坪 山 06.04.03 西〜東ルート abeちゃん 山・滝・お花が好き
坪 山 06.04.08 西〜東ルート だんべえ だんべえの気まぐれ山遊録
坪 山 07.04.26 西〜東ルート 花音 気まぐれフォトダイアリー
坪 山 08.04.15 西〜東ルート かつとん マエザワ理容室
坪山のヒカゲツツジ(ブログ) 08.04.15 西〜東ルート 管理人 ブログ(山行速報版)
坪山・ヒカゲツツジ花旅 08.04.15 西〜東ルート 管理人 管理人
坪 山 10.04.18 西〜びりゅう館 みーさん おやまに行こう!!
坪 山 10.04.26 西〜びりゅう館 teel teelの風
坪 山 11.04.24 西〜東ルート みーさん おやまに行こう!!
10 坪 山 12.04.25 西〜東ルート teel teelの風
坪山・花旅(ブログ) 13.04.13 西〜東ルート 管理人 ブログ(山行速報版)
11 坪山・ヒカゲツツジ花旅 13.04.13 西〜東ルート 管理人 管理人
12 坪 山 14.04.06 西〜 abeちゃん 山・滝・お花が好き
13 坪 山 14.04.16 西〜東ルート teel teelの風
14 坪 山 15.04.16 西〜東ルート teel teelの風
坪山・花旅のはずが・・・ 16.04.02 西〜東ルート 管理人 ブログ(山行速報版)
15 坪 山 16.04.25 西〜東ルート teel teelの風
坪山ヒカゲツツジ開花情報 17.04.15 西〜びりゅう館 管理人 ブログ(山行速報版)
16 坪山ヒカゲツツジ花旅 管理人 管理人
17 . . . . .
18 . . . . .
19 . . . . .


掲載ページの削除を希望される方はメールBOXよりご一報下さい。


HOME MENU 旬のひとこまBN 五十音別山行歴 県別山行歴 自己紹介 CANADA L I N K

2015年 旬のひとこま・戻る