2015年 旬のひとこま・戻る 五十音別山行リスト MENU HOME  そうしゅうあるぷす・1 



相州アルプス その1
愛川高取山・仏果山・経ヶ岳・華厳山・半原高取山
神奈川県・愛川町 2016.1.31(日) 
相州アルプス・ルート解説   
愛川ふれあいの村〜高取山
第二駐車場から愛川ふれあいの村施設の塀にそって宮沢大橋方面へ進む。
石仏数体置かれた場所、仏果山直登ルート入口(指導標あり)を左に見送れば宮沢大橋が近い。
大橋の手前で石段を降りて橋の下を通過、再び石段を上って高取山登山口に至る。
杉林のなか木階段を登り、朽ちかけた鳥獣避けゲートを抜けると林道に出合う。
ここからは尾根筋を緩やかに登りこむが高取山まで0.3`指導標から先はそこそこの急登となるので心したい。
ベンチが置かれた山頂には20b超の展望台があるので360度の大パノラマを楽しみたい。
これから向かう仏果山にも同様の展望台はあるが見応え度では高取山展望台に軍配が挙がる。
高取山〜仏果山
仏果山へ約1.3`の稜線歩きは展望もない代わりに特に危険個所もなくトラロープが張られたガレ場をクリアすれば
石仏が祀られた山頂に飛び出す。
多数のベンチが置かれた山頂には20b超の展望台があるのでこちらでも大パノラマを楽しみたい。
仏果山〜革籠石山〜半原越
仏果山から山岳修験者説明板を経てテーブルベンチがある標高730M地点までは地図の危険マークも納得の痩せ尾根
歩きとなるので慎重に歩を進めたい。
革籠石山以降は途中緩衝地帯はあるものの、鳥獣避けフェンスに沿った激下り(高低図参照)が林道出合いの
半原越まで続く。
半原越〜経ヶ岳
山頂まで700bほどの距離だが初っぱなから木階段の急登にはうんざりであるが、ベンチが置かれた展望適地を
通過し弘法大師が経文を納めたと伝わる経石まで辛抱したい。
経石からは三分ほどで経ヶ岳山頂に立つことができる。
経ヶ岳〜華厳山
経ヶ岳から数分の場所が荻野高取山分岐点(高取山まで1.8`指導標あり)なので間違えて直進しないようにしたい。
分岐点の下り始めは穏やかだが鳥獣避けフェンスが現れるあたりから鞍部に向けて激下りとなる
※激下り途中には「モミの木地蔵」や「異種格闘木」などの見どころもある。
鞍部から華厳山へは下ったぶんだけ登り返さなければならないが、本ルート最後の急登なので根っこ道に足を
とられないように気を付けて山頂を目指したい。
華厳山〜荻野高取山
華厳山はみるものもないので速やかに荻野高取山へ向かう。
この稜線歩きは快適そのもので落葉した木々の間から東に神奈川の街並み、南に大山や三峰の山々を眺めながら
歩くことができる。
高取山山頂は特に展望がいいわけではないので、時間があったら5分ほど先に進み立ち入り禁止のトラロープ奥に
発句石移設広場と呼ばれる展望地があるので足を伸ばすのも良いだろう。
荻野高取山〜上荻野バス停
山頂から華厳山方面へ70bほど戻り大厚木CC指導標に従い右折。
以後は尾根筋を外さないようにひたすら真っ直ぐ下る。
小さい石祠がある男坂・女坂分岐点では女坂のほうがルートは明瞭である。
鳥獣避けゲート地点が荻野高取山登山口で、ゲートを抜けたらゴルフ場敷地内からバス停に至る。 mikio
《雨氷とは・Wikipediaより抜粋》
雨氷は物体表面に硬く滑らかで透明な氷の層を作る。同じ着氷現象の1種である樹氷や粗氷とは色や性質により
区別されている。
樹氷は白色不透明、粗氷は半透明なのに対して雨氷は透明である。
また樹氷より粗氷の方が固いがどちらも手で触れば崩れる程度の硬さであるのに対して、雨氷は固く手で触った
程度では崩れない。色や脆さの違いは、気泡の含有率に起因している。
樹氷は小さな気泡をたくさん含むため白色で脆く、粗氷は樹氷よりは固いがそれでも気泡を多く含むため半透明を
呈する。
一方の雨氷は気泡の含有率が低いため透明であり、氷が形成されるとき水滴同士が融合しあうので表面が滑らかに
なる。雨氷の密度は約0.9であり純粋な氷とほぼ同じである。
なお、0℃を僅かに超えた雨粒が0℃以下に冷えた物体に付着しても透明な氷ができ雨氷と混同される場合がある。
また、積雪が融解したあと再び凍結するなどして透明な氷ができることもある。これらは雨氷ではない。
なお、再凍結によりできるもののうち、例えば細く地面に向かって垂れ下がるものは氷柱(つらら)、その逆に
空に向かって伸びるものは氷筍(ひょうじゅん)という。
コメント
Tanmaさん主催の山行に参加させていただきました。
《メンバー》Tanmaさん・こうちさん・えいちゃん・もろーさん・爺の5名
※もろーさんは山の大ベテランと聞いていたので初対面にドキドキの爺でしたが気さくで優しい方でした。

木々の枝はもちろんのこと、葉っぱにも霧氷(雨氷)と呼ばれる氷の華が咲き、登山道は銀色に輝く
クリスタルロードの世界を楽しむことができました。     
立ち寄り温泉情報その1
清川村ふれあいセンター・別所の湯 TEL 046-288-3900 入浴料3時間700円
※温泉ではないため泉質評価無し
立ち寄り温泉情報その2
さがみ湖温泉・うるり   
人工の高濃度炭酸泉/ナトリウム・炭酸水素塩・炭酸塩 AM10:00〜22:00(年中無休)
土日入浴料1000円 TEL 042-685-2641  ※温泉のみ利用者は入場料1000円の還付あり
泉質満足度(星印の説明はMENUページ) 管理人☆☆☆
掲載写真撮影者 管理人・こうちさん・Tanmaさん






相州アルプス・フォト
相州アルプス・ハイキング その1

高取山へ
愛川ふれあいの村第二駐車場/トイレは近くのコンビニで
愛川ふれあいの村施設の塀にに沿って宮沢大橋方面へ進む 仏果山直登ルート登山口を左に見送る
愛川ふれあいの村〜高取山登山口拡大MAP
県道514号・宮沢大橋の下をくぐったら直進せずに石段を上る
高取山登山口/しぜん自然のサイトから借用しました
林道出合いまで木階段の箇所が多い 朽ちかけた鳥獣避けゲート
林道出合い 尾根上の展望適地
展望適地のチョイ手前で撮影
残雪地帯に突入 高取山マデ0.8`指導標
《雨氷》
なんとなくクリスタル♪
山頂まで300b指導標を通過後はアイスバーン状態のためアイゼン必須
高取山・705M
高取山展望台からのパノラマ図解あり
高取山展望台
仏果山にも同様の展望台はあるが見応え度では高取山展望台に軍配が挙がる
高取山展望台より宮ヶ瀬湖を臨む
高取山展望台より仏果山を望む
仏果山へ
雨氷・クリスタルロード
クリスタルロード
霧氷と思われるが都会の里山ならではの造形美
登山道を挟んで北斜面と南斜面で景色が一変 仏果山マデ0.7`
↑素晴らしい景色の連続でちっとも前に進めない↓
トラロープのガレ場から補助木橋を通過すれば仏果山が近い
仏果山・747.2M 仏果山展望台
仏果山展望台からのパノラマ図解あり
仏果山展望台より高取山を臨む
石仏さんもクリスタル
もろーさん、午後イチで予定が入ってしまいここでお別れ(残念)
ご覧いただいた通りの鈍足爺ですが懲りずにお付き合い宜しくお願いいたします
半原越へ
純白の鳥
登山地図危険マークの痩せ尾根を進む
自然の造形美
痩せ尾根なので足下注意 痩せ尾根歩き終了
丹沢山塊東辺樹木案内板(ベンチあり)
丹沢山塊東辺樹木案内板以後、杉林を大きく下って緩く登り返せば
革籠石山・630M
革籠石山を通過後は半原越に向けて激下りが連続する
気温があがるとともに雨氷が溶け始めてボタボタロードに 半原越マデ1.0`指導標(ベンチ)
枝尾根地点なので要注意
半原越マデ1.0`指導標に従い本尾根を下る/土山峠分岐点・枝尾根地点なので要注意/リッチランド分岐点まで緩い下りとなる
リッチランド指導標通過後は激下りとなる/経ヶ岳(左)と華厳山(右)と思われる/木段が現れると半原越が近い
半原越(経ヶ岳登山口)

相州アルプス・ハイキング その2へ進む
相州アルプス高低図
ふれあいの村第二P標高/204M 上荻野バス停/129M 標高差/618M 上り累計標高/1158.3M 総歩行距離/12515M
相州アルプス・ルート地図
クリックで印刷用拡大ルートMAP表示》
(計曲線 50M 主曲線 10M)
ふれあいの村第2P標高/204M 上荻野バス停/129M 標高差/618M 上り累計標高/1158.3M 総歩行距離/12515M
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された
承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用ソフト・GARMIN MapSource》


パノラマ図解・スマホ&iPhone で山座同定


ページの先頭へ戻る



行程&所要時間 (花&風景撮影合計時間20分〜50分含む)
現地までの行程&所要時間

2016.1.30(土)
長野発 11:00〜上信越道・圏央道〜道の駅清川着 15:10(車中泊・Tanmaさんと合流)
※ナビ設定
長野〜愛川ふれあいの村駐車場 260` 所要時間 4時間

登山口から山頂までの上り所要時間

2016.1.31(日)
道の駅清川発 6:15〜愛川ふれあいの村第二駐車場着 6:40(もろーさん・こうち隊合流)
愛川ふれあいの村第二駐車場発 6:51 〜 仏果山登山口 6:59 〜 高取山階段降りて車道下へ 7:03
〜 ふれあいの村マデ0.5キロ 7:17 〜 高取山マデ1.4` 7:29 〜 高取山マデ0.8` 7:55
〜 高取山マデ0.3` 8:09-11 〜 高取山・705M 8:24-53 〜 仏果山マデ1.0` 9:02
〜 仏果山マデ0.7` 9:07 〜 宮ヶ瀬越し(ベンチ)9:08 〜 仏果山・747.2M 9:37-10:05
〜 半原越マデ2.1` 10:20 〜 山岳修験者解説板 10:23 〜 丹沢山塊東辺樹木案内板(ベンチ)10:32
革籠石山・630M 10:44 〜 半原越マデ1.0`(ベンチ)10:54 〜 土山峠分岐点(ベンチ)10:59
〜 リッチランド分岐点 11:18 〜 半原越・経ヶ岳登山口 11:25-30
〜 丹沢の山並み案内板(ベンチ)11:45 〜 経石 11:58 〜 経ヶ岳・633.1M 12:02-37
〜 荻野高取山マデ1.8` 12:39 〜 モミの木地蔵 12:46 〜 異種格闘木 12:50
華厳山・602M 13:15 〜 猟師さんとの出会い 13:35-42 〜 大厚木CC分岐点 13:46
荻野高取山・522.1M 13:49 〜 大厚木CC分岐点まで戻りCC方面へ下山 13:52
〜 男坂・女坂分岐点上(石祠)14:12 〜 男坂・女坂分岐点下 14:14
〜 害鳥獣避けゲート・高取山登山口 14:18 〜 ゴルフコースを横切って国道414号に至る 14:47
〜 浅間神社 14:47 〜 上荻野バス停着 14:49
〜 ふれあいの村野外センター前バス停下車 15:03/運賃 290円
〜 ふれあいの村第二駐車場着 15:13

休憩時間:約82分 /実動時間:約6時間36分 /合計所要時間=約8時間

←クリックすると「愛川ふれあいの村・第二駐車場」近辺の
広域地図を見ることが出来ます。  マップコード 251.437.158

←クリックすると「道の駅・清川」近辺の
広域地図を見ることが出来ます。 マップコード 15.813.468

←クリックすると「さがみ湖温泉・うるり」近辺の
広域地図を見ることが出来ます。 マップコード 23.039.641
山と高原地図/丹沢

リンクの輪
番号 山行名 山行日 登山ルート お名前 ホームページ
相州アルプス・クリスタルロード 16.01.31 愛川ふれあいの村 管理人 ブログ(山行速報版)
相州アルプスハイキング・1 16.01.31 愛川ふれあいの村 管理人 管理人
相州アルプスハイキング・2
. . . . .
. . . . .
. . . . .
. . . . .
. . . . .
. . . . .


掲載ページの削除を希望される方はメールBOXよりご一報下さい。


HOME MENU 旬のひとこまBN 五十音別山行歴 県別山行歴 自己紹介 CANADA L I N K

2015年 旬のひとこま・戻る