2015年 旬のひとこま・戻る 五十音別山行リスト MENU HOME  からまつだけ 



  2096.4m   長野県・白馬村 2019.8.17(土) 
登山道解説
黒菱駐車場からリフト2本乗り継ぎ八方池山荘前に降り立つ。
登山口から第2ケルンまでの間、木道コースと岩がゴロゴロした登山道コースの2ルートがあるが
足慣らしを兼ねるなら登山道コース(白馬三山の展望も素晴らしい)を選択したい。
第2ケルンからは草原風の緩い斜面の中、八方ケルンに向かって登山道が延びる。
八方ケルンは指導矢印を目・ケルン名を鼻・MAPを口に見立てた人顔ケルンなので他のケルンはともかく、
ここでの記念撮影はお忘れなく・・・(笑)
ここから八方池まではひと歩きで着き、池に映りこむ白馬三山の姿に思わず見とれてしまう。
時間に余裕があったら池まで降りて周遊するのもいいだろう。
尚、ファミリーハイキングとして訪れる事ができるのは八方池まで、登山装備がない場合はこれより先には
足を踏み入れないよう気をつけたい。
八方池分岐点(上)を右に見送り岩ゴロ道を登れば森林限界の逆転現象による「下ノ樺」ダケカンバ林を
見る事が出来る。
ここから丸山ケルンまでは尾根下の南斜面を歩くので風が無く蒸し暑いが、
途中には天然クーラーの扇雪渓があるので涼をとることも出来る。
尾根上に建つ丸山ケルンからは目指す唐松岳や不帰ノ嶮・白馬三山の絶景を望むことができる。
ここから歩を進める毎に不帰ノ嶮が目前に迫るようになり、唐松山荘手前の岩尾根ピークが近づくと
垂直の岩肌に沿って細々と巻き道が付けられている。
整備が行き届いているので慎重に歩けば問題なく通過できるが場所が場所だけに立ち止まらず速やかに
通過することを心がけたい。
赤壁の唐松山荘前に出れば目前に剱岳の絶景が飛び込みここまでの疲れを吹き飛ばしてくれる。
ここから山頂に向けての稜線歩きは特に危険な箇所も無く20分程の歩きで唐松岳山頂に立つことができ、
遮るものがない山頂からは五竜岳、剱岳、不帰ノ嶮など北アルプスの嶮しい山並を一望することができる。 mikio
コメント
長野隊山仲間、伊藤さん・黒岩さん共同企画「唐松岳」ハイクに参加させていただきました♪
長野隊メンバーとはいえ、伊藤さんと黒岩さん両職場仲間の集まりだったので
爺はお二人からいただいたお誘いの言葉に甘えての参加でした(感謝)
※北アルプスの山に対して「ハイキング」は失礼かとおもいましたが、暑すぎず寒すぎず(山頂近辺は寒かった!)
快適な山歩きだったのでこのタイトルをつけました。
トイレ(有料含む)
HP記載イラストマップ参照     
メンバー 
伊藤さん・黒岩さん・戸谷さん・関谷さん・中村さん・ミクちゃん・管理人の7名
仲間が撮った写真(撮影者名が写真ファイル名になっています)をたくさん使わせて頂きました♪
管理人.46枚 伊藤さん.7枚 黒岩さん.6枚







トイレはMAP記載4カ所(チップ制)の他に唐松山荘(有料)にもあります  
 
八方尾根は蛇紋岩が多いので雨天晴天に関わらずスリップ注意!
黒菱第三ペアリフト乗り場駐車場/リフト運行最終時間要チェック!
 
ゴンドラ利用・アルペンクワッドリフト終点建物正面を右折してグラートクワッドへ
グラートクワッドリフトに乗って八方池登山口へ
八方池登山口にて/伊藤さん撮影
今日は木道コース選択で登山開始
第二ケルン
 
夏休み+土曜日で八方尾根は長蛇の列
タカネマツムシソウ
八方池
八方池展望地より
紅葉の時期が楽しみな下の樺
扇雪渓
 
扇雪渓で休憩
丸山ケルン
天気良くなるのかな〜?
谷から吹き上がってくる風が爽やか
山荘手前にでるこの夏道ルートは頭上の大岩に緩みがみられ去年から通行止めになっています(2017.7.22撮影)
山荘手前の夏道ルートが通行止めなので冬道ルートが迂回路となっている
普段は使えない冬道をこの時期に歩けることは貴重な体験かも・・・(^O^)v
天気が良ければスリル満点のルートだったかも(笑)
迂回ルート
迂回ルート
ここを登れば山荘の真裏にでる
山荘真裏から牛首・五竜岳方面展望
牛首展望
唐松岳展望
記念撮影(中村さん撮影)
最後のひと頑張り! 唐松岳へGO!
唐松岳上空だけぽっかり抜けるような青空だったが・・・
唐松岳 2696.4m
唐松岳からのパノラマ図解あり
若い子が一緒だとついふざけてしまう爺 (*^▽^*)
熱中症に備え500×4本準備したが、今日の八方尾根は寒さが勝つくらい涼しくて山頂までこの1本で足りてしまった
唐松山荘へ下山
テン場が賑わい始める
山荘前で記念撮影
     
下山開始
ミクちゃんが爺のポーズを真似してくれました (^O^)v
最近怠っていたブロ友隊の決めポーズ
   
ミクちゃん・黒ちゃん 挑戦してくれました♪
そして、爺初体験ではなく「初遭遇」の雷鳥さん
五羽の雷鳥親子でした♪
八方池を眺めながら小休止
     
  この時間になってやっと顔を出してくれました〜(^O^)v   
     
     
  八方池登山口まで下山・全員でアイスクリームタイム♪   
     
  八方尾根の花々   
     
  チシマギキョウ  
     
     
  トウヤクリンドウ  
     
     
  コマクサ  
     
     
  ハルリンドウ(多分)  
     
     
  チングルマ  
     
     
  チングルマ  
     
     
  ハルリンドウ(多分)   
     
     
  タカネマツムシソウ  
     
     
  イワショウブ  
     
     
  ミヤマコゴメグサ  
     
     
  ミヤマクワガタ  
     
     
  ハッポウタカネセンブリ    
     
  HP記載の花名は不確実なものが多々あります
間違いに気付かれた方はお手数でもゲストブックからご一報ください
  
 
     
唐松岳ルート地図
(計曲線 50M 主曲線 10M)
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000
(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


パノラマ図解・スマホ&iPhone で山座同定


ページの先頭へ戻る



行程&所要時間 行程&所要時間 (花&風景撮影合計時間40分〜100分含む)
現地までの全行程&所要時間

長野発 5:30〜黒菱第三ペアリフト駐車場6:50       

登山口から山頂までの上り所要時間

駐車場発 7:05 〜 リフト2本利用 〜八方池登山口発 7:30 〜 唐松岳 12:07−47
〜 唐松山荘 13:06−25 〜 八方池登山口 16:03−20
〜 リフト2本利用 〜 黒菱駐車場着 16:42 
※今回はのんびりゆっくりハイクだったのでCT記録無し。


←クリックすると「黒菱駐車場」近辺の
広域地図を見ることが出来ます。  カーナビ設定・マップコード 535.097.674
山と高原地図/鹿島槍・五竜岳

リンクの輪
山行名 山行日 登山ルート お名前 ホームページ
唐松岳 02.09.21 八方 管理人 管理人
白馬岳−五龍岳 04.07.22-24 猿倉-五竜テレ シジュウカラ シジュウカラとカケスのやまたび
唐松岳 04.09.18 八方 y.hattori 自然と遊ぶ・自然を歩く
唐松岳 05.09.04 八方 こばさん こばホーム虫倉山荘
唐松岳 05.09.18 黒菱平 oku ようこそ、奥久光のホームページへ
唐松岳 05.09.23 八方 シロート雅 シロート雅のトレッキング日記
唐松岳 06.08.07 八方 かつとん マエザワ理容室
唐松岳T 07.08.11 八方 ジオン ジオンと山歩記
唐松岳U 07.08.12 八方 ジオン ジオンと山歩記
唐松岳 07.09.01-5 八方 花音 気まぐれフォトダイアリー
唐松岳 07.09.02 八方 こばさん こばホーム虫倉山荘
唐松岳 09.09.14 八方 taddy 北アルプス専科
唐松岳 10.08.01 黒菱平 セフコT セフコの森
唐松岳 11.08.04 八方 きゅうちゃん 楽しい群馬の山歩き
唐松岳 12.08.19 黒菱平 シロート雅 シロート雅のトレッキング日記
唐松岳−五竜岳 12.09.19-20 八方 和たん ざ・山姥が行く
唐松岳 12.10.20 八方 しんぷる しんぷるライフ@山歩き
唐松岳 13.08.07 八方 管理人 ブログ版
唐松岳 13.08.07 八方 管理人 管理人
唐松岳 13.09.29 八方 セフコT セフコの森
唐松岳 13.10.14 黒菱平 石塚さん 石塚さんちのホームページ
唐松岳 15.08.09 八方 セフコT セフコの森
唐松岳 14.10.04 黒菱平 鎮爺 群馬山岳移動通信
唐松岳 15.10.04 黒菱平 管理人 ブログ版
唐松岳 16.08.20 黒菱平 石塚さん 石塚さんちのホームページ
八方尾根花旅&唐松岳 17.07.22 黒菱平 管理人 ブログ版
唐松岳 19.08.17 黒菱平 管理人 管理人
. . . . .
. . . . .


掲載ページの削除を希望される方はメールBOXよりご一報下さい。


HOME MENU 旬のひとこまBN 五十音別山行歴 県別山行歴 自己紹介 CANADA L I N K